スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
平均的な土曜日
本日は正午から夜の21時近くまで、
ずっと専門学校にいました。
最近はほぼ毎日長時間居着いてるので住民のようです。

DVD通学でめんどくさいのは、
いちいちブースの予約をしなければならないこと。
一度に2枠(約3時間/1枠)しかキープできない上に
土日は2日前までくらいに予約しておかないと
予約がいっぱいになるのでやりくりにコツがいる。
最初のうちは「もう予約でいっぱいです」に泣いたもんだ。

私の通ってるクレアールはまわりにデパートや本屋などがあるので、
勉強に飽きたら抜け出し、本屋で立ち読みなどをして
息抜きができるのでけっこう理想的な環境かもしれない。


【9/27(土)の勉強内訳】

●商簿(講義)40/42回目:勉強時間<3.5>h
 ◆会計学理論
  …企業会計基準の体系
   損益計算書原則
   一般原則

●工簿(講義)22/32回目:勉強時間<3>h 
 ◆予算実績差異分析

商簿は理論科目に入りまして、
○×問題対策をやっているんだけど
理論科目はなぜだかひたすら、「眠い」。
理論だからただ用語を根性で暗記するだけなので
そんなに大変ではないはずなのだけど。
「?の原則」「?主義」の話がおもしろいくらいに
左から右にツツーっとぬけてってしまって、
小難しく書かれた日本語がものすごく眠気を誘う。
眠れない夜があったら、
理論の勉強をすれば一発で寝れる自信がある。

工簿は今日はかなり???だった。
???の原因は予算実績差異分析。
標準原価計算の価格差異・数量差異のあの分析ボックスに
よくわからない線が何本も入っていて、
その意味不明なボックスを丸暗記して分析しなければならないという
やっかいな論点である。
工簿の先生がなんとか何を分析しているのか理解の助けにと
オリジナルのグラフを使って説明してくれたので、
ちょっとイメージできたような気がしたが、まだ腑に落ちない。
貢献利益の分析の方のボックスは、
なんで変動費差異の実際が外側で予算が内側なんだろうか…。

仕事やってても思うけど、理屈がわかってないで
ただ「やれ」っていわれた作業をするってのは、
なかなか辛い時間でもある。
できるものならその作業をする意味を理解したい。

スポンサーサイト

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

[2008/09/28 01:21] | 日商簿記1級 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
20代半ばの道中記     公認会計士試験に向かって


自分探しの罠にハマり気づけば27歳、非正規雇用派遣社員。2010年目標でコツコツやってます。

プロフィール

ファーベル

主人公: ファーベル
●東京都在住
●属性/派遣社員

数字に疎い文学部卒の派遣が会計士
試験に合格、監査法人に就職できる
るのか?という、勉強の進捗状況と
日常を綴る勉強記録ブログです。


最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。