スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
特殊商品売買な一日
●今日の進捗状況

【日商1級 商簿・会計学】
?特殊商品売買/ テキスト例題(3回目)
  ?試用販売、委託販売、受託販売、委託買付、受託買付
   割賦販売(回収基準)


●勉強時間 8時間


テキスト見直すだけで1日が終わってしまった。
特殊商品売買は手強い。
未着品販売→試用販売→委託販売と続けてやると、
仕入勘定を中心にして、未着品→仕入→試用品または積送品と勘定が
流れて(つながって?)いく模様がわかる。
それに加えて記帳方法を覚えればよいだけ。
分記法、総記法、期末一括法、その都度法など。
試用品と積送品はほとんど同じ。
積送品の積送諸掛の処理は2×2で4パターンあるので、
問題文によく気をつけねばならない。
特に委託者から受託者に対する積送諸掛の場合、積送品原価に含めるか
販売費とするかの違いでP/Lの値が異なってくるので要注意。

そして割賦販売。これはラスボス級に手強い、と思う。
原則の販売基準に加え、容認が回収基準と回収期限到来基準の2パターンがあり
さらに記帳方法が未実現利益控除法と対照勘定法がある。
容認規定のくせに、なまいきな…と。
回収基準のほうだけとりあえず復習。
未実現利益控除法と対照勘定法の違い。
未実現利益?のほうは、回収した分を「利益」で調整する。
対照勘定法のほうは、回収した分を「売上高」で調整する。
P/Lの最終的な売上総利益は一致するが、途中の値が異なる。
個人的には、利益だけでちゃちゃっと計算する未実現利益控除法のほうが
好きなような気がするけど、「繰延割賦売上利益」って科目が
いまいち腑に落ちない。利益とついているのに対照勘定?負債なのか?

今日は大量に仕訳を復習したので、
完全に定着させるべく忘れないようにまた復習だ。
明日は割賦販売を終えたい。
スポンサーサイト

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

[2009/05/28 00:42] | 日商簿記1級 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ぐるぐる | ホーム | なんだか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fabel7.blog120.fc2.com/tb.php/104-7602dadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
20代半ばの道中記     公認会計士試験に向かって


自分探しの罠にハマり気づけば27歳、非正規雇用派遣社員。2010年目標でコツコツやってます。

プロフィール

ファーベル

主人公: ファーベル
●東京都在住
●属性/派遣社員

数字に疎い文学部卒の派遣が会計士
試験に合格、監査法人に就職できる
るのか?という、勉強の進捗状況と
日常を綴る勉強記録ブログです。


最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。