スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
不調
●5/31(日)の進捗状況

【日商1級 商簿・会計学】
?金融商品/ テキスト例題(2回目)
?固定資産/ テキスト例題(2回目)


●勉強時間 7時間


本日は不調にて、思うように範囲が進まず。

貸付金の財務構成要素アプローチ。
分解してそれぞれの簿価を出すのが難しい。

デリバティブは勘定科目が多い。
金利スワップ取引など、問題文を理解するのに慣れが必要。

ヘッジ会計。繰延ヘッジはまあよいとして、
時価ヘッジの仕訳が何をしていようとしているのかわからず
1時間悩んでしまった。最初は仕訳を暗記することは必要なのだが、
できることならその仕訳の意味を考えて納得したい。

テキストは舌足らずで、講義の説明でもわからない場合は、
みなさんはどうしてるんでしょうか。
私の場合は専門学校に質問すればいいのだけれど
質問カードの返却は忘れたころに返ってくるので
それなら自分で調べる、もうちょっと考えたらわかるかもしれない、
との対応が今のところ多い。そしてテキスト繰り返してるうちに
ふとわかったりするものなのだが。

固定資産。細かい論点が多いが、ほとんど定着しておらず。
私はいままで何をやっていたんだー!と自己嫌悪になる。

減価償却の定率法の公式って、何気に奥が深い。
表現方法が1級でさらに上級になったとでもいうのか。

 減価償却費=帳簿価額(取得原価?減価償却累計額)×償却率
 
複数年の減価償却費を計算する場合は上記の式を繰り返せばよいが
早い計算方法がある。取得原価?取得原価×(1?償却率)の複数年乗。
期首の簿価は、取得原価×(1?償却率)の複数年乗で求められる。
この式の意味がわからなくて、また悩む。
やっと腑に落ちたが、悩みすぎ。これだから文系は困る。
スポンサーサイト

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

[2009/06/01 01:07] | 日商簿記1級 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<簡潔に | ホーム | 雨の日は眠い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fabel7.blog120.fc2.com/tb.php/107-a1e428b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
20代半ばの道中記     公認会計士試験に向かって


自分探しの罠にハマり気づけば27歳、非正規雇用派遣社員。2010年目標でコツコツやってます。

プロフィール

ファーベル

主人公: ファーベル
●東京都在住
●属性/派遣社員

数字に疎い文学部卒の派遣が会計士
試験に合格、監査法人に就職できる
るのか?という、勉強の進捗状況と
日常を綴る勉強記録ブログです。


最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。