スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
いまさらわかったこと
本日の勉強時間8.5時間。
簿記は固定資産、管理会計は費目別計算の続きをやって終わる。

今日、固定資産をじっくり復習してみて、
新定率法がやっとわかりました。いまさらですが…。

平成19年の税制改正後の新定率法がどうもよくわからんかったのです。
というのも簿記2級やったときは旧定額法と旧定率法で習ってて、
1級を学習したときはちょうど改正直前だったから、
公式だけ板書してさらっと流されたようなかんじで、
会計士講座でも「もうわかってると思うけど…」的にさらっと終わり
見事にブラックホールになってたのですよ。
2級、1級、会計士講座ってみんな先生違うし、
1級の講座から会計士講座に入るまでちょっと間があったので悲惨。
まさにそこに改正が入ったわけで、
早く受からないとめんどくさいことになるってのはこういうことだ。

新定額法になって残存価額がなくなったのはまあわかるけど、
新定率法って「250%定率法」って言葉ばかりが印象に残ってて
減価償却費を計算する際に250%使わなきゃならんのか?!と
ずっと思い込んでました。
250%ってのは、償却率の話で、減価償却費の計算じゃないんですよね。
新定率法の償却率は新定額法の償却率(1÷耐用年数)の250%って意味なんですね。
250%になってる新定率法の償却率は大体が問題文に与えられてて、
それをもとにフツーに償却額を計算して、それを償却保証額と比べろってだけで、
「調整前償却額」とか「償却限度額」とか「改定取得価額」とか「改定償却率」って
小難しい言葉に完全に踊らされてました。


あー、すっきり。


明日はクレいって、2009年合格者の話とやらを聞いてきます。
うちの拠点校は小規模な割に今年は論文の合格者が6人もでたらしい。
会計士講座受講生はたぶん、その年で30人もいないと思うんだけど。
しかも大部分が監査法人の内定でてるらしくて、
この監査業界氷河期にバブリーだなぁと思うのでした。
スポンサーサイト

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

[2009/12/20 01:15] | 会計士 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<2009年合格&監査法人内定者の話をきく | ホーム | 今日の日記>>
コメント
きまぐれだからまた更新しなくなるかもだけど~
英語は大事だよ、私はたぶん今TOEIC受けたら400点台位だと思う(笑)
なさけないなー。大学時代やりなおせるもんならやりなおしたい!
[2009/12/21 01:09] URL | ファーベル #- [ 編集 ]
いつのまにこんなに更新が。。ほんっとによく勉強していて、えらいよ!ノートの画像とかビビった(笑)英語ごときで手こずっている自分が恥ずかしいよ~。
ところで、前の記事だけど、かなり同感です↓

>大学時代ってほんとに恵まれてたんだなと実感した。
あの頃の自分に物申せるなら、人生に悩んで殻に閉じこもってばかりでなく、
もっとちゃんと大学生らしく楽しんで、環境を生かして勉強せい、と言いたい。

[2009/12/20 12:33] URL | さ #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fabel7.blog120.fc2.com/tb.php/118-21b6a6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
20代半ばの道中記     公認会計士試験に向かって


自分探しの罠にハマり気づけば27歳、非正規雇用派遣社員。2010年目標でコツコツやってます。

プロフィール

ファーベル

主人公: ファーベル
●東京都在住
●属性/派遣社員

数字に疎い文学部卒の派遣が会計士
試験に合格、監査法人に就職できる
るのか?という、勉強の進捗状況と
日常を綴る勉強記録ブログです。


最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。