スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
これだから梅雨の時期は
気の状態に敏感な気象病患者としては、体調がすこぶる悪い。
ときどき片頭痛。手足が重い。あとは食欲減退とか。
あと目の下の痙攣。パソコンにむかうと右目の下がぴくぴくする。
これって、鏡でみるとほんとにぴくぴくしてるのわかるんだよね。
前の会社では「目の下ぴくぴくしてるけどだいじょぶ?」って心配されたこともあるし

そういえばその前の会社では目の下痙攣仲間がいて、
よく目の下の痙攣について熱く語っていたのだが、彼女は症状が気になり通院していたらしい。
先生に「ボツリヌス菌を注射するようですね」といわれたらしい。

ボツリヌス?!
ウラヌス??
マルクス・アウレリウス?

いや…、どうでもいいのだが、そんなわけのわからない菌を挿入されたくない。
自然治癒してくれることを祈る。


働き始めてからとくに顕著になったこの一連の気象病。
デスクワークだからか?それとも規則正しい生活だから体の変化に敏感になったからか?
知人の話では、
「天気の変化が体調にすぐでる人はすぐに変化に気づく人だから長生きするんだよ」
とのことだが、ほんとうにそうであれば救われるのだが。

早く梅雨あけないかな。
1年のうち梅雨の時期はだいたい2か月弱あるとして、
年間の6分の1は体調不良で苦しんでいることになる。
将来は本気で6?7月は日本から脱出できるような暮らしがしたい。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

[2008/07/05 18:07] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<特性 | ホーム | 簿記2級合格報告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fabel7.blog120.fc2.com/tb.php/27-1a7628e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
20代半ばの道中記     公認会計士試験に向かって


自分探しの罠にハマり気づけば27歳、非正規雇用派遣社員。2010年目標でコツコツやってます。

プロフィール

ファーベル

主人公: ファーベル
●東京都在住
●属性/派遣社員

数字に疎い文学部卒の派遣が会計士
試験に合格、監査法人に就職できる
るのか?という、勉強の進捗状況と
日常を綴る勉強記録ブログです。


最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。