スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
簿記2級 商業簿記1-現金預金
1 現金預金

●現金の範囲


現金勘定には、すぐに通貨に換金することのできる通貨代用証券も含まれる。

 ?他人振出しの小切手
 ?郵便為替証書
 ?配当金領収証(※「書」ではなく「証」)
 ?期限の到来した公社債の利札

 例)?配当金領収証
   所有するC社の株式につき受け取った配当金領収証¥30,000が未記帳だった。
 
   現金  30,000 /  受取配当金  30,000  
                (収益)

 例)?期限の到来した公社債の利札
   所有するB社の社債(額面¥1,000,000、年利率3%、利払日年1回)につき
   利払日が到来したが、その処理がなされていなかった。

   現金  3,000,000 / 有価証券利息  3,000,000
                 (収益)

  ※忘れたころに、うっかりひっかかるので注意。


●現金過不足勘定

 現金の帳簿残高が一致しない場合は、その差額を「現金過不足」勘定に
 記入し、一時的に帳簿残高を実際残高に一致させておく。
 ポイントは帳簿→実際に近づけること

 決算になっても原因が不明の場合は、「雑損」勘定、
 または「雑益(雑収入)」勘定に振り替える。


2 当座預金

●当座借越勘定

 当座預金残高を超えて小切手を振り出した場合、
 銀行とあらかじめ有価証券などを担保として差し入れ、
 当座借越契約を結んでおけば、銀行は契約限度額までなら支払に応じてくれる。
 処理の方法には「2勘定制」と「1勘定制」がある。
 当座借越に残高があるときは負債(短期借入金)を意味する。

 ?2勘定制
  銀行からの借越部分を「当座借越」勘定で処理

 例)
  1)東京銀行と当座借越契約を結び、現金¥500,000を預け入れ¥300,000を
    限度とする当座借越契約を結んだ。
   
    当座預金  500,000 / 現金  500,000

  2)茨城商店より商品¥400,000を仕入れ、小切手を振り出して支払った。
  
    仕入  400,000 / 当座預金  400,000

  3)群馬商店に対する買掛金代金¥250,000を小切手を振り出して支払った。

    買掛金  250,000 / 当座預金  100,000
                当座借越  150,000

  4)埼玉商店より売掛金代金¥160,000を小切手で回収し、
    直ちに預け入れた。

    当座預金   10,000 / 売掛金  160,000
当座借越  150,000 /


 ?1勘定制

  当座預金勘定と当座借越勘定を区別せず、一括して「当座」勘定で記録する。
  借方に残高がある場合は預金残高を表し、
  貸方に残高がある場合は当座借越の残高を表すことになる。
  2勘定制に比べてシンプルな方法だが、資産と負債で同じ勘定科目を使うので
  わかり辛い。

 例)?を1勘定制で記帳した場合

  1)当座  500,000 / 現金  500,000

  2)仕入  400,000 / 当座  400,000

  3)買掛金  250,000 / 当座  250,000

  4)当座  160,000 / 売掛金  160,000
  

3 銀行勘定調整表

●銀行勘定調整表
 
 当座預金に関する帳簿の記録が性格に行われていても、
 取引銀行の当座預金残高と一致しないことがある。
 これは企業と銀行で記帳についての時間的なズレが生じるなどの理由による。
 そこで当座預金について、定期的に銀行から当座預金残高証明書を取り寄せ、
 企業の帳簿残高との一致を確かめ、記帳の正確性を検証しなければならない。
 その際に作成されるのが「銀行勘定調整表」である。


●不一致の原因

1-3銀行勘定


 ?未取立小切手
  得意先振出の小切手を銀行に預け入れたが、いまだに取り立てられていないもの。
  小切手は通貨代用証券なので、企業は銀行に小切手を提示した時点で
  当座預金の増加として処理を行う。しかし銀行はその小切手を手形交換所に
  持ち込んで処理を行うため、処理が済むまでの2?3日は未入金扱いとされてしまう。

 ?締め後入金
  銀行営業時間終了後に入金したため、銀行で翌日に入金処理されたもの。

 ?未取付小切手
  取引先に振り出した小切手で、取引先が銀行からまだ取り立てていないもの。

 ?見渡小切手
 小切手を振り出したが、取引先に見渡しでいまだに手元に保管されているもの。


●銀行勘定調整表の作成方法


 (1)銀行の残高証明書を基礎とする方法(銀行残高基準法)
    
   銀行の当座預金残高証明書の残高を加減して、企業の残高に近づける!

 (2)当座預金帳簿残高を基礎とする方法(企業残高基準法)

   企業の当座預金帳簿残高を加減して、銀行の残高証明書に近づける!

 (3)銀行残高証明書および当座預金帳簿残高の両方を調整する方法(両残高基準法)

   銀行と企業、不一致となった取引の額をそれぞれ加減して両残高を一致させる。
   この方法だと一致させた金額は期末にあるべき正しい当座預金残高となる。

 ※「?基準法」ってややこしい名前だと思いませんか?
  基準っていうくらいだから、基準になっている方にあわせて相手側の残高を
  加減するものかとしばらく勘違いして途方にくれていたのは私だけ??
  基準となる方自身を加減するって意味なんですよね。


 例)次の資料から3つの方法で銀行残高調整表を作成し、決算整理仕訳を示せ。

  ・銀行残高証明書の残高 ¥950,000
  ・当座預金出納帳の残高 ¥705,000
  ・不一致の原因を調査したところ次のことが判明した。
   ?仕入先京都商店へ振り出した小切手¥100,000が、いまだに銀行で取立られていなかった。
   ?得意先滋賀商店から¥200,000の当座振込があったが、通知未達のため未記入である。
   ?当座借越に対する利息¥5,000の引き落としが未記帳である。
   ?4/30の決算日に現金¥50,000を預け入れたが、銀行では翌日預かりとして処理された。


 <解き方ポイント>

  1)まず仕訳をとく
  2)銀行勘定調整表の作成(考え方は単式簿記)
  ※以上の2つを一緒にやると混乱するので、絶対にわけて考える!

  1)仕訳
    ? 仕訳なし
    ? 当座預金  200,000 / 売掛金  200,000  
    ? 支払利息  5,000 / 当座預金  5,000
    ? 仕訳なし

  2)銀行残高調整表の作成

 (1)銀行残高基準法(銀行の残高を加減して企業に合わせる!)

    企業                銀行
             △100,000
   ? △100,000 ←――――  未処理
             △200,000
   ? 未処理   ←――――  +200,000
             +5,000
   ? 未処理   ←――――  △5,000
             +50,000
   ? +50,000   ←―――― 未処理

 (2)企業残高基準法(企業の残高を加減して銀行に合わせる!)

    企業                銀行
             +100,000
   ? △100,000 ――――→  未処理
            +200,000
   ? 未処理   ――――→  +200,000
             △5,000
   ? 未処理   ――――→  △5,000
             △50,000
   ? +50,000  ――――→  未処理

 (3)両残高基準法(両者の残高を適正な額に合わせる)

    企業                 銀行
              △100,000
   ? △100,000  ←――――  未処理
              +200,000
   ? 未処理    ――――→  +200,000
              △5,000
   ? 未処理    ――――→  △5,000
              +50,000
   ? +50,000   ←――――  未処理
 

 ※以上の図は「ダイエット方式」というそうです。
  まず仕訳ごとに企業と銀行の動いた金額を±で記入し
  どの基準法を使用するかによって矢印を書き、
  →の先に向かってダイエット(増やすか減らすか)させます。
  このダイエットさせた額を銀行残高調整表に記入して終了。
  わかりやすいやり方ですが、ダイエットというと減らすだけのように
  見えてしまい(増量する場合もある)語弊があるような気がするので
  ウエイトコントロール法とかのほうがいいんじゃないでしょうか?

1-3銀行勘定2









スポンサーサイト

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

[2008/04/13 16:59] | 日商簿記2級 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<歯を2本抜きました | ホーム | レバレッジ勉強法>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fabel7.blog120.fc2.com/tb.php/9-bde96d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
20代半ばの道中記     公認会計士試験に向かって


自分探しの罠にハマり気づけば27歳、非正規雇用派遣社員。2010年目標でコツコツやってます。

プロフィール

ファーベル

主人公: ファーベル
●東京都在住
●属性/派遣社員

数字に疎い文学部卒の派遣が会計士
試験に合格、監査法人に就職できる
るのか?という、勉強の進捗状況と
日常を綴る勉強記録ブログです。


最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。